1. 企業と経営者の保険
  2. 会社を守る保険
  3. 労災事故に備えるために

労災事故に備えるために

企業の保険を考えるとき、無駄なく効率的に必要な補償を確実に付保することが重要になります。

しかし、一体どんな保険をどれくらい準備すればよいのかを的確に判断するのは、なかなか難しいものです。

御社の状況と現在加入されているすべての保険をヒアリングさせていただき、当社の「リスク管理サービス」をご利用いただければ、的確なアドバイスを行うことはもちろん可能です。

すでに、自動車や設備・建物などの保険については、内容はともかくとして、ほとんどの割合で何らかの保険に加入されているものと思われます。

しかしながら、労災上乗せ保険については、ほとんどの企業で加入されていません。

それは、労災事故によって使用者責任を追及された場合のリスクについて、ほとんど知られていないのが原因だと思います。

メンタルヘルス過労死などでの労災申請件数と認定件数が急増していて、どこの企業においても発生する可能性のあるリスクであるにも関わらず、ほとんど手の付けられていない分野なのです。

しかも、一旦発生した場合の企業の損失は甚大なものになるにも関わらずです。

労務管理のプロの視点から、いち早く準備しておく必要があると断言いたします。

たった1回の労災事故で、使用者責任を追及され、企業経営を断念しなければならなくなったケースもあるのです。

また、株式会社竹内保険事務所では、労務管理上のトラブルや事故の際、母体である「社長を守る会 竹内社労士事務所」が請け負って、問題解決のお手伝いを行います。

さらに、案件によっては、竹内社労士事務所の顧問弁護士でもある、日本一の労働法専門の使用者側弁護士の先生をご紹介することも可能です。


資料請求・お問合せ

会社を守る保険

お知らせ

2015年2月23日
本社をJR山手線「大塚」駅前に移転しました。
2014年9月1日
株式会社ビッグキャットの保険業務は、100%子会社である株式会社竹内保険事務所が、事業譲渡により継承しました